忍者ブログ

兵器局第⑥課

 模型と絵、 シムズと東方Projectのブログ   シムズ2のMODは右側カテゴリーのSims2__MODから   リンクフリーで御座います

レオパルド2A6製作記02

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

レオパルド2A6製作記02


レオパルド2A6制作記の続き。

私の製作の場合、まずは足回りを先に塗装、ウェザリングを施します。

ということで、とりあえず足回りを先行してサフ吹き。

DSCN1196.JPG

そして履帯の塗装。

DSCN1195.JPG

履帯のほうはとりあえずこういった色で塗装。
現用戦車に限らず、戦車の履帯は色がなんとも不規則です。
出来立てほやほや工場から出たばかりの戦車などは黒に
限りなく近いグレーで塗装されていますが、少しでも走ると
地の金属がバリバリ出てきちゃいます。
錆だったり土ぼこりだったりが絡み合って独特の色合いを
かもし出していくわけです。

今回は写真で見たときにきっとこの辺が履帯の金属部分の
平均的な色合いか?と思える色で塗装しました。

DSCN1199.JPG

カカッと車体下部を塗装…。ですが何か色が違う。
今回はMr.カラーのブローンセグリュン…なる色をそのまま
塗装してみたわけですが、明らかに写真等で見る色とは
違っていました。
上画像のとおり、プラの成型色とは合致しているのですが…。

流石にこれはまずいと思い、調色してもう一度塗装しました。

DSCN1200.JPG

…で、こんな感じに。単純に青を混ぜただけですが。
もう少し混ぜたほうが良かった気もする。

次に各部を塗装。

説明書では結構大味ですが、実車の写真を見る限りでは
結構ポイントポイントに色が入っているようです。

DSCN1204.JPG
左が転輪 右が誘導輪

顕著なのが転輪で、実際の車両だとどうやら内側に薄黄色というか、
なんというか、割り箸みたいな色の部分があるようです。

ただ、これは全ての車両の全ての転輪がこうという訳ではないようで、
結構まちまちのようです。色も濃かったり薄かったり。

また、転輪においてはボルトが塗装されておらず、鉄の地の色が
むき出しであることもポイントのようです。




PR

コメント

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

twitter

pixiv

最新コメント

[08/10 NONAME]
[07/26 毅]
[07/25 NONAME]
[07/13 NONAME]
[07/09 NONAME]

プロフィール

HN:
ケト中佐
性別:
男性
自己紹介:
ニコニコ動画にて動画「紅魔館生化危機」を投稿しています。
二式軽戦車との関連はきっと無い。

バーコード

P R

アクセス解析