忍者ブログ

兵器局第⑥課

 模型と絵、 シムズと東方Projectのブログ   シムズ2のMODは右側カテゴリーのSims2__MODから   リンクフリーで御座います

旧グンゼ産業 ヤークトパンター 制作記③

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

旧グンゼ産業 ヤークトパンター 制作記③


何とかかんとか工作完了。

DSCN0443.JPG

車体を含む大半の部分は本家本元ハイテックモデルの
ヤークトパンターキットから来ています。
ただ車外装備品は以前購入して腐らせてしまっていた
ドラゴンのパンターG型から大方を持ってきています。

DSCN0445.JPG

続きは↓


機関室上面。

一応、基本は説明書通りであり、大日本絵画の
「アハトゥンクパンツァー第四集」、
「パンター戦車」の
ヤークトパンターの項通りとなっています。

DSCN0446.JPG

ただ、そこに記されている牽引ワイヤーの配置がなかなか面白くない
為、ワイヤーを最後期仕様の長めの物という事にして本家パンター風
の配置に。

因みに車体内部はフラットブラックで塗装してあります。

DSCN0447.JPG

車体左側面の車外装備品。牽引用クレビスはまだ未装着。

車外装備品の大半はドラゴン社のパンターG型から。
これは単純に、ハイテックの金属パーツでは、再現性に
乏しかった為。
ただ、上画像ではスコップは本家の金属パーツを使用している。
(ドラゴンのエッチングパーツと併用だけど)

DSCN0448.JPG

車体右側面の車外装備品。

こちらはほぼドラゴンのものに差し替えている。

ついでに、エッチングパーツが見えなくなっているが、これは
ドラゴンのエッチングパーツはどうしても平面的でありすぎると
感じ、それに対してはプラのほうがより良く見えたからです。
タミヤチックに言うところの
「実感溢れる造形」といったところだろうか。
(べ…別にあまりの細かさに挫折したとか、そんな理由じゃ
無いんだからね…///)

DSCN0450.JPG

前方機銃周り等にはエポパテで溶接跡を再現。
少々失敗気味だけれど。
少し修正すれば問題は無いはず。

DSCN0453.JPG

シュルツェンは近所のホームセンターにて0.3ミリのアルミ板を
購入してきて自作。

そして塗装作業へ続くのだ
PR

コメント

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

twitter

pixiv

最新コメント

[08/10 NONAME]
[07/26 毅]
[07/25 NONAME]
[07/13 NONAME]
[07/09 NONAME]

プロフィール

HN:
ケト中佐
性別:
男性
自己紹介:
ニコニコ動画にて動画「紅魔館生化危機」を投稿しています。
二式軽戦車との関連はきっと無い。

バーコード

P R

アクセス解析